『英知の森』。
それは、発達に遅れのある子供たちに関わる
大人たちの場所。

Maorisは発達に遅れのある子供を支え、共に生きる大人たちのために、
インクルーシブ教育に関する知識、情報、知恵を提供し、
人と人とのご縁を結ぶお手伝いをいたします。

Maorisの詳細はこちら

Forest of Wisdom

Here the community around children
with developmental delays can gather and grow

Read More

Maoris サークル

『英知の森』。それは、発達に遅れのある子供たちに関わる大人たちの場所。

Maoris サークルの詳細はこちら

Maoris Circle

Here the community around children
with developmental delays can gather and grow

Read More
Maoris

一般社団法人 Maoris

一生続く障がいを抱えて生きる子供たちがいます。その子供たちを育て、見守り続ける親や家族、そして教育者として彼らを支える人々がいます。Maorisはそのような大人たちのために、インクルーシブ教育に関する英知的空間をつくり、人と人を結ぶお手伝いをするために設立されました。

一本の木が、長い年月を掛けて大きく高く育ち、他の植物や生物たちと共存しながら、やがて森を形成するように、Maorisも「英知の森」をつくります。ここで実り茂るのは、子供たちの発達や健康につながる知識と情報、知恵の数々。豊かな英知は、大人たちに安心と希望を、そして子供たちに発達をもたらし、人間の個性や多様性が認められる社会づくりに寄与します。

インクルーシブ教育の森

世界中から集めた最新の療育情報を、
様々な形でお届け

インクルーシブ支援の森

Maorisの専門的なノウハウにて
インクルーシブな施設や企業づくりを支援

インクルーシブな仲間たちの森

Maorisがご縁をいただいた仲間をご案内

Maoris

社名の由来

ニュージーランドの先住民である「マオリ」が社名の由来です。
本来「マオリ」とは、マオリ語で「普通」という意味を持ちます。
ニュージーランドにイギリス人が入植した時代に、先住民であるマオリ族が、
入植者と自分たちを区別するために
「普通の人間」という意味で自分達を「マオリ」と名付けたそうです。
障がいのある子供たちが特別ではなく
「普通」になる社会づくりを目指す私たちの願いと
「マオリ族」の文化・信条・歴史が一致している事から
Maorisを社名といたしました。

コーポレートロゴマーク

Maorisのロゴマークは、2種類のシンボルの組み合わせで出来上がりました。
1つ目はマオリ族のシンボルである「シダの葉のねじれ」です。
このシンボルには、「人生の旅」、「愛情」、「友情」、
「人々や文化を結びつけること」という意味があります。
そこに2つ目のシンボルである「無限大∞」が結び重なり、
Maorisのロゴがうまれました。

Maoris Members

竹村 文

コロンビア大学大学院教育研究科卒業
教育学修士
ブレインジムインストラクター、
MBLインストラクターの資格取得
現在、横浜市にて療育教室アンサンブルを運営

シュナディグ ケビン

シュナディグ ケビン

St.John’s College 卒業 哲学を専攻
シカゴ大学大学院言語文学部卒業
西洋文明における
「グレート・ブックス」を中心とし、
科学、哲学、数学、
神学及び文学にわたる作品を研究

見富 麻乃

見富 麻乃

神戸女学院大学文学部英文学科卒業 
現在オーストラリアにて、3人の子供たちの小学校留学生活をサポート中
(ちなみにダウン症がある長女もバイリンガルのインクルーシブ教育を実践中)

見富 貴志

明治学院大学法学部政治学科卒業 
3企業での営業、マーケティングの経験から
更なるスキルアップの為、
現在Australia Griffith Universityにて
MBAを取得中